ブックレビュー

【要約】シュガーマンのマーケティング30の法則|起業したけど売り上げが伸びない?難しい集客方法を解説!

テーマ
シュガーマンのマーケティング30の法則
監修
読書マニア

副業を始めたけど、まったく集客できない。起業したけど売上が伸びない。なんてことは日常茶飯事のようにどこかで起こっているでしょう。

ビジネス経験者でも難しいのが集客だと思うので、是非今回の記事は様々な働き方における、革命として読んでいただけたら幸いです。

この本に出会ってから、ビックリするぐらいに効果がでたので、まだビジネスで結果がでていない方にも、目から鱗が落ちるような感覚になるかもしれません。

本当に読んで欲しいビジネス書の中の一冊となりました。

 

【著書情報】

タイトル シュガーマンのマーケティング30の法則
著者名 ジョセフ・シュガーマン
出版社 フォレスト出版
ページ数 285ページ
発売日 2006/3/17

 

【章立て】

【心理的トリガー1】アイスクリームの注文手順

【心理的トリガー2】隣人の急死

【心理的トリガー3】愛とキャンパス売春婦

【心理的トリガー4】臭いもののフタは開けろ

【心理的トリガー5】災い転じて

【心理的トリガー6】NO-1テレビセールスマンの秘密

【心理的トリガー7】「手を上げろ!」でお金をもらう

【心理的トリガー8】ハワイで物語する

【心理的トリガー9】男子風呂の「公告」

【心理的トリガー10】社長の愛車はラビットです

【心理的トリガー11】「ゴリラ・サバイバル作戦」で幸せ結婚生活

【心理的トリガー12】悪魔は理屈に棲んでいる

【心理的トリガー13】金持ちの最後の誘惑

【心理的トリガー14】サルでもできる脳外科手術

【心理的トリガー15】情熱力

【心理的トリガー16】集団妄想、そしてマーケティング・アイディア

【心理的トリガー17】全国世捨て人会議

【心理的トリガー18】簡単にできる尾翼コレクション

【心理的トリガー19】火事だぁ、助けて!

【心理的トリガー20】金喰いスノーモービル

【心理的トリガー21】バカで単純がサイコー

【心理的トリガー22】合法的賄賂で成功する

【心理的トリガー23】几帳面は得をする

【心理的トリガー24】軍事的策略風船ガム編

【心理的トリガー25】初対面でベッドイン

【心理的トリガー26】宝くじ大当たり

【心理的トリガー27】見知らぬ女性からのエロエロ誘惑

【心理的トリガー28】お風呂に入ってバス

【心理的トリガー29】フェロモン製造法

【心理的トリガー30】販売における最大の力

 

自分のサービスを作る教科書

なぜ売りたいものが売れないのか。「私の販売方法に間違いはないはずだ」と思っている人もいるかもしれませんが、人は往々にしてこのように決めつけた考えを持つ傾向にあります。

つまり頑張ったことに対して、何も結果が出ないはずがないと思っているわけで、仮にもし結果がでなければ、もうこれ以上に望みはないと考えるでしょう。

もちろん全ての人がこのような考え方をしている訳ではありません。

私たちは、この本に教えてもらうべきです。実際に読んでみたからこそ分かります。もちろん私だけでこの本をオススメしている訳ではありません。

数々の有名人やインフルエンサーからのお墨付きがあるので、私は読んでみることにしてみましたが、案の定読んで良かったと思っています。

読む前と読んだ後ではビジネスに対する考え方も変わるので、まだビジネスを始めていない方が読んでも楽しめる内容となっているでしょう。

本書での一部をご紹介しますが「臭いもののフタは開けろ」と言われています。もしかしたら、このことは普通ではないのかもしれません。

何故なら、お客様が見て嫌だと思うところを自分から積極的に言わなければならないからです。ジョセフ・シュガーマンは、弱点をさらけ出す方が物は売れると言います。何故その方が売れるのかは、本書を実際に読んでいただきたいです。

消費者に嘘をついたとしても、見抜かれるようなので、最初からさらけ出した方が良い。そうすることで信頼を掴み取ることができれば、お客様はリピーターになってくれます。集客のなかで最も期待しているお客様はのタイプはリピーターです。リピーターとは、繰り返しサービスを利用してくれる消費者のことになります。

このように初めてビジネスをやっていく初心者の方にはうってつけの本です。ちなみに本書をオススメしているメンタリストDaiGoさんは、こう言っています。「あなたが何かを売る仕事をしているなら、」10倍の値段で買っても損をしない本だと名言しております。表紙の帯に記されていますので、是非一度御覧ください。

“ついで買い”を狙え

この内容を読んで、とくに車販売の店舗が頭の中でイメージできました。

いわゆるオプションです。

何か一つ購入すると、販売スタッフはオプションとして付属品や車のカスタムを紹介してきますが、これが本書で語られていました。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたも同じようなサービスを受けたことがあるのではないでしょうか。

そしてつい、勧められたオプションを購入してしまいませんでしたか。

私は購入した記憶があります。

その他にも例えば私が実際に体験した話でいうと、家電売場でパソコンを購入したところ一緒にウイルスソフトの購入を勧められました。

当時私はこれからパソコンでビジネスを始める初心者だったので、販売スタッフの説明がウイルスソフトを購入しないと、今後パソコンの調子が悪くなるといった内容を聞き思わず購入してしまいそうになったのです。

この出来事は3年前ぐらいまで遡りますので、本書を読んでいた訳ではありませんが、今振り返ってみても、同じような出来事でした。このオプションとして売り込むことは悪いことではありません。むしろ売上を伸ばすためにはやらないといけないことと言っても過言ではないでしょう。

なぜついで買いをするようにオプションを勧めるのかこれは心理的な問題です。人は一度決めた決断を覆さにという習慣があるようで、決めた決断に関することであれば、更に判断を迫られたときに断りにくいという心理的現象がでると言われています。

だからこそ、サービスする側は一度購入を決断されたお客様に対して付属品、オプションなどの販売をしているのです。

全ての販売スタッフがこのことを認識して行っているか定かではありませんが、ついで買いは有効の販売テクニックと言えるでしょう。

全ては心理的トリガーがきっかけ

“シュガーマンのマーケティング30の法則”を読んで一番勉強になったことが、いかに心理的トリガーを知り尽くして、行動に繋げることができるか。ということでした。

本当に勉強になりました。

これまでに他人に対して物を売ったりしたことがなかったので、本書を読むことによって、売り方を知りましたし、著者の凄さも分かりました。

本書を手に取る際は、是非購入して欲しいです。というのも図書館で借りたりなど、自分で所有する以外の方法で読んでしまうと、結局一時的な販売テクニックで終わってしまうので、読みたいときに読めるようにしていて欲しいのです。

そうすることによって、今後自宅にいながらでもマーケティングの勉強ができるようになります。

独学でマーケティングを学ぶのは一見ハードルが高そうに見えますが、本書はビジネス初心者の方が読んでも分かりやすい解説になっているので、理解もしやすいです。

本当に面白いですよね。こうして物を売る為に人の心理行動を読み解くことで、購入まで繋げることができるなんて。

冒頭部分に書かれていることがば小滴的で、「あなたに売れないモノなんてない‼」と記されているのですが、そういう意味だったのか。

人の心理を読み解き行動を促すことができ、売りたいモノに価値があれば必ず売れるということでした。

このことを簡単と考えるか難しいと考えるかは、あなた次第です。

行動に移した者だけがマーケティングを更に成功させるでしょう。

Biz人 編集部Biz人 編集部

「明日の仕事の役に立つ情報を、一人でも多くの人に提供したい」そんな思いで運営しています。ご自身のご知見・ご経験を世の中の役に立たせたいとお考えの仲間を募集しております。

人気Articles

  1. デジタルマーケティングとは?現状と今後の活用方法についてわかりやすく解説!

  2. 「雑費」の使い方に注意!会社のルールに従って正しく仕訳しよう

  3. 2022年新しいマーケティング戦略とは?

  4. 誰でもできるSNSを利用したデジタルマーケティングの第一歩

  5. マーケティング初心者でも理解できるマーケティング分析手法をわかりやすく解説!

  6. 月次締めで期末決算の負担を減らそう!経理事務の工数負荷を減らす方法を紹介!

  7. マーケターも知るべきUXユーザーエクスペリエンス(UX)とは?とCXの違いも解説

  8. マーケティングの中長期的戦略と短期決戦を詳しく解説

  9. 売掛金と未収金の違いとは?簿記での仕訳方法についてくわしく解説!

  10. 【経理初心者必見!】勘定科目のホームポジションを覚えよう【借方?貸方?】