儲けのカラクリ

顧客獲得・売上の向上に重要視されるSNSマーケティング!その内容とメリット・デメリットを解説

テーマ
SNSマーケティング
監修
マーケティング本部長補佐

購買活動をはじめとした生活のデジタルシフトに伴い、宣伝広告は地上波で実施するよりもデジタルの中で行うことがより効果的となっています。

そのデジタル内において、無料で利用できることから最も費用対効果の高い宣伝媒体がSNS・ソーシャルネットワークサービスです。

この記事ではそのSNSを利用したSNSマーケティングとはどのようなもので、顧客の獲得と売上にどのように影響があるのか、またこのマーケティングを利用するに際してのメリットとデメリットを解説していきます。

SNSマーケティングとは?

LINE・Facebook・Twitter・Instagram・TikTok などのデジタルコミュニケーションツールを用いてユーザーと接点を持ち、ユーザーの嗜好を把握すると共に、そこから顧客へとコンバートさせていく一連の施策の実施がSNSマーケティングとなります。

有名なSNS利用者数(2022年4月 現在)は以下の通りです。

SNS名 LINE Facebook Twitter TikTok
利用者数 8,900万人 2,600万人 4,500万人 3,300万人

参考:https://www.comnico.jp/we-love-social/sns-users

LINEに関しては日本国民の8割強がこのSNSを利用していることになりますし、表からもSNSの市場がどれほど大きなものかが分かりますから、この市場からの顧客獲得を狙わないのは損だといえるでしょう。

更に顧客となったユーザーをサービスに定着させるためにもSNSマーケティングの施策の実施は不可欠です。これらのマーケティングで用いられるデジタルコミュニケーションツールがSNS。無料でその利用が可能であり、多くのユーザーへのアプローチも容易であることから費用対効果は高いといえます。

このSNSマーケティングがどのように顧客獲得を促進して、売上の向上に貢献していくのかその重要性について次項でご説明します。

SNSマーケティングを顧客獲得と売上向上に重要視する理由

SNSマーケティングは上記でお伝えした通り、SNSを用いて行うマーケティングです。

紹介した5つのコミュニケーションツールの他にも多くのデジタルコミュニケーションツールが存在しています。そしてそれらの多くは無料で誰でも利用が可能であることから、ユーザー数は益々増加傾向となっているのです。このように、今や誰もがどれかのSNSをコミュニケーションツールとして用いている中で、SNSを媒体とした宣伝活動をすることは大変効率がいいものです。

しかも、ユーザーはSNSを介した宣伝がニーズにマッチしていればそこから購入を考えて、顧客へとコンバートされていきます。さらにSNS利用者の嗜好を調査してターゲティングされたユーザーにサービスの宣伝をすることで、短時間で効果的に認知度や好感度を上昇させることも可能です。

ユーザーがサービスを購入すれば売上に貢献することには違いありませんが、売上の安定は顧客の定着率にあります。その段階での継続的なサービスのイメージアップを図るSNSによる施策の実施は、顧客にロイヤリティを生み出し、サービスへの定着を促進するのです。

つまりSNSマーケティングを実施することで、必要な顧客に簡単にアクセスができて売上に直結する効果が期待できると共に、その顧客を定着させていけます。もし地上波で同じサービスを宣伝した場合ですと、イメージアップを図るために著名人に多額なコストを割き、ターゲット層が見ているかどうかもわからない宣伝を打つことになります。

この非効率を考えれば顧客獲得と売上の向上を効果的に行うためにはSNSマーケティングを利用することは必須であり、それを重要視することは当然のことなのです。

SNSマーケティングのメリットをご紹介

SNSマーケティングは顧客獲得と売上向上に貢献するばかりがその利用価値ではありません。

コミュニケーションツールであるSNSを使ったユーザーや顧客との接点は、提供するサービスの問題や課題の抽出にも役立ちます。つまり、提供するサービスの改善点を見つけることが容易にできるということなのです。時流に伴い、世の中のニーズが変化すればユーザーや顧客のニーズも変化していきます。

しかし、ユーザーとダイレクトに繋がっているSNSならば意見の聞き取りは簡単なことであり、その中から課題を抽出してPDCAを回すことで常に顧客の満足を満たすことのできるサービスを提供できるようになるのです。確かに、顧客獲得とその定着、その結果となる売上の向上に大きく貢献するのがSNSマーケティングで違いありません。

その上で、最大限の結果をもたらすマーケティング施策を最良のものとするための課題の抽出をも可能とさせるということは、SNSマーケティングのメリットのひとつといえます。もちろんこのほかにもユーザーのサービスへの反応を容易に数値化できたり、広告コストの削減はより良いサービスの開発にも貢献することでしょう。

そしてユーザー個人に向けられる情報はその伝達速度が早いことも大きなメリットといえます。オンタイムで情報を伝達できるSNSには旬の情報を投稿することで、今に特化した情報をユーザーや顧客に瞬時に広げさせることが可能です。それにより常にユーザーを新規顧客へとコンバートしていく機会を作り続けられますし、顧客にはまた新しいニーズを満たせる情報提供ができることになります。このようにSNSマーケティング特有のスピーディな施策の展開は大きな利点といえるでしょう。

しかし、この伝達の速さがSNSマーケティングのデメリットであり、注意点ともなりかねないことを知っておく必要があるのです。

そこで次項では伝達速度の速いSNSを利用したマーケティングのデメリットと注意点について解説します。

デメリットと注意点は?

SNSマーケティングで特記したいメリットのひとつにその伝達の速さを挙げました。しかしこの伝達の速さはSNSマーケティング施策を実施するにあたってのデメリットであり注意点ともなります。例えば投稿した情報に間違いがあった場合、その情報は修正を待たずに多くのユーザーへと広まることになります。

これはSNSの特性である情報の拡散であり、間違えた情報がユーザーからユーザーへと範囲を広げてしまいかねません。しかも情報の元でない限り、その修正をすることはできませんし、データとして保存されることでいつまでもネット上に残ってしまいます。その内容が広告を発信した企業にとって不利益なものであれば半永久的にその情報の処理におわれることにもなるでしょう。ですから提供する情報は精査して投稿することが大切ですし、SNSマーケティングにおける大きな注意点となるのです。また、SNSの運用は無料でできることからその成果が出始めれば大変費用対効果の高いものであることは確かといえます。

しかし、運用には頻繁な投稿と有益な情報の提供でユーザーを注目させる作業から始める必要がありますから、地道な業務が続くことも考えられます。

その業務に費やす人件費や労力は一般的な営業活動に比べれば比較的少ないものですが、負担がないということではありません。このように無料で簡単に始められるSNSマーケティングにもデメリットはあり、またそのメリットのひとつである情報伝達の速さが時に注意点ともなってしまうことは、SNSマーケティングを始めるにあたって知っておくべきことでしょう。

まとめ

この記事ではSNSを活用したSNSマーケティングとはどのようなもので、なぜ重要視されるマーケティング手段であるのか、そしてそのメリットとデメリットとなる注意点について解説してきました。

SNSは無料であることから多くのユーザーにコミュニケーションツールとして活用されています。その媒体に宣伝を打つことで、ピンポイントで迅速にサービスを訴求できることがSNSマーケティングの利点です。従来の広告コストは削減されて、更に質の高いサービスを開発することを可能とさせるでしょうし、ダイレクトにユーザーとコンタクトをとることでその嗜好はもちろん、サービスの改善点となる課題の抽出にも大きく貢献します。

その結果、改良されたサービスは顧客満足度を更に高めて、売上の向上と安定の為に必要となる顧客の定着と、新規顧客の獲得を促進していくのです。しかしSNSには情報を瞬時に拡散するという特性がありますから、SNSマーケティングを活用する際にはその投稿内容に留意して適切な情報提供をすることが求められます。

このようなSNSマーケティングの特徴を把握して施策を実施することで顧客の獲得と売上の向上は大きく期待できるでしょう。

Biz人 編集部Biz人 編集部

「明日の仕事の役に立つ情報を、一人でも多くの人に提供したい」そんな思いで運営しています。ご自身のご知見・ご経験を世の中の役に立たせたいとお考えの仲間を募集しております。

人気Articles

  1. 仮払金とは何?間違えやすい勘定科目も一挙解説!

  2. パソコンの勘定科目や仕訳はどうなる?金額で変わる点に注意!

  3. D2Cとはなに?鍵となるマーケティング戦略についてわかりやすく解説!

  4. 2022年新しいマーケティング戦略とは?

  5. 素人でもわかる貸借対照表とは(BSの見方)

  6. 消費税の課税対象の判断時の落とし穴

  7. 製品ライフサイクルとは?取るべきマーケティング戦略を5つの時期ごとに解説

  8. 会計士が語る期末決算の仕訳をする前に知りたい6選

  9. 消費税の計算で失敗しない仕訳とは?

  10. 連結会計を難しくさせている大きな要因「非支配株主持分」をわかりやすく解説!