経理/簿記試験

紙幣や硬貨だけじゃない!紙幣や硬貨以外の現金勘定とは?

テーマ
現金勘定とは?
監修
簿記マスター

みなさんは、「お金」というとどんなイメージでしょうか?

「100円玉や500円玉、一万円札などの硬貨や紙幣」を想像される方がほとんどかと思います。経理の世界では、お金という言葉はあまり使用しません。“現金“という勘定科目があるからです。

近年では、銀行を通して支払ったり、電子記録債権で受け取ったりと、手元で硬貨や紙幣のやり取りをしない取引が増えました。そういった経緯があり、経理担当者が「現金勘定」を使う機会はグッと減ってきているのです。

毎日使う勘定科目であれば簡単にできる仕訳も、たまに登場する「現金勘定」に迷ってしまうことがあるでしょう。さらに、紙切れ一枚と見た目で判断したものも、実は換金できる立派な資産であるかもしれません。

当記事では、紙幣や硬貨以外で「現金勘定」に該当する取引について解説します。

小切手を取り扱う会社で経理担当を担う方や、これから簿記試験を受ける方はぜひ最後まで読んでみてください。


現金勘定に該当する取引について

現金という言葉だけ聞くとやはり硬貨や紙幣をイメージしがちですが、経理の世界ではそれだけではありません。以下も、ただちにお金に変えられる資産として現金勘定で処理します。

  • 他人振出小切手
  • 送金小切手
  • 郵便為替証書
  • 配当金領収書
  • 期限が到来した公社責の利札

小切手はよく聞くキーワードでしょうが、あとはあまり馴染みのないものかもしれません。これらの取引は減少傾向又はもともと少ない取引ですが、知っておくとスムーズに対応できます。一つずつ解説します。

他人振出小切手

その名の通り、他人が振り出した小切手です。小切手を受け取った際、銀行に持って行って換金します。

仕訳の例は、以下の通りです。

例1「A社に商品100円を売上げ、代金はA社振り出しの小切手で受け取った」

借方 金額 貸方 金額
現金 100 売上 100

このように、他人振り出しの小切手を受け取ったら「現金」(資産)の増加として処理します。

小切手の処理で注意すべき点は、

  • 受け取った側であるか
  • 他人振出しであるか

です。

自社で振り出した小切手を使う場合、現金勘定は使いません。小切手を発行する際には、現金の動きはなく、当座預金残高を使って小切手を振り出すからです。仕訳の具体例は以下の通りです。

例2「B社から商品100円を仕入れ、代金は小切手で支払った」

借方 金額 貸方 金額
仕入 100 当座預金 100

現金の減少ではなく、当座預金残高を減らします。

また、稀に、自社が振り出して相手先に渡した小切手が、回し小切手として戻ってくることがあります。仕入代金を小切手で支払った相手先が、売り先でもある場合に起こります。

自社振り出しなので、小切手を発行した際の取引を反対仕訳をして取り消せばいいわけです。

小切手を受け取ったら振出人をチェックしましょう。

送金小切手

送金小切手は、振出人が金融機関の小切手のことです。

支払う側は金融機関にお金を払い、金融機関が小切手を振り出すのです。

他人振出小切手と同様、金融機関に送金小切手を持ち込めばただちに現金に換えることができます。

ただし、国内取引において送金小切手が使われることはあまりありません。

あるとすれば簿記試験での出題でしょう。例題は、以下の通りです。

例3「C社への売掛金100円を、送金小切手で回収した」

借方 金額 貸方 金額
現金 100 売掛金 100

他人振出小切手を同じく「現金勘定」扱いです。

郵便為替証書

現金をそのまま郵送することは法律で禁止されています。

しかし、現金を郵送したい場面に使えるのが“郵便為替証書”です。郵便為替証書は「現金」の意味を持つからです。

郵便為替証書を受け取ったら、ゆうちょ銀行か郵便局に持って行くと換金できます。

取引の例は、以下の通りです。

例4「D社への売掛金100円を、郵便為替証書で回収した」

借方 金額 貸方 金額
現金 100 売掛金 100

これまでの取引と同様で、すぐに換金できる「現金」(資産)の増加として仕訳します。

配当金領収証

企業や会社が株を保有していると、配当金が貰えます。

配当されるタイミングで“配当金領収証”が送られてきて、受領印を押して裏面に記載の金融機関に持ち込めば換金することができるのです。この仕訳も、ただちに換金できるという意味で「現金勘定」を使用しましょう。

例5「D社は、100円の配当金領収証を受け取った」

借方 金額 貸方 金額
現金 100 受取配当金 100

借方に現金、貸方は“受取配当金(収益)”となります。

期限が到来した公社責の利札

公社債とは、国債や地方債、社債のことです。

当たり前ですが、国や地方、会社が借金をすると、お金を貸す方は利息が貰えます。

公社責の利札とは、利息の引換券です。利払期限が到来し、利札を金融機関に持って行くと換金できるというわけです。

例6「E社が保有している公社再の利札100円の利払期日が到来した」

借方 金額 貸方 金額
現金 100 有価証券利息 100

換金できるため現金勘定を貸方へ、貸方は“有価証券利息(収益)”となります。

現金勘定は紙幣や硬貨だけではない

上記で解説したように、他人振出小切手や郵便為替証書などの通貨代用証券なども現金勘定で処理します。各金融機関に持って行くと、換金できるからです。

勘定科目に迷ったときは、その後の処理方法をポイントとして考えるといいでしょう。例えば、“利札の期限が到来したから換金する=現金が増える”といった感じです。

また、フリーランスや社長1人の会社などで現金勘定を使用することは少ないです。個人の財布との区別がつきにくいからです。

しかし、企業や会社ではお金の流れを把握するために現金勘定で1円単位まで管理します。その現金勘定は、皆さんが毎日目にする1000円札や100円玉のことだけではなく、すぐに換金できる通貨代用証券も含まれるのです。

スマート化が図られる世の中ですから、現金のやり取りは減少し、現金勘定を使う機会も少なくなっています。しかし、現金勘定が全て無くなることはないでしょう。

小切手等を手にしたとき、「小切手勘定なんてないぞ?」「どう処理するんだっけ?」と慌てないよう、上記で解説したポイントを頭の片隅に置いておいてください。

さらに、日商簿記検定の3級試験では、現金勘定で処理する仕訳は必ず出題されます。

実務でも試験でも、覚えておいて損しないのが「現金勘定」です。


Biz人 編集部 経理応援隊/簿記応援隊Biz人 編集部 経理応援隊/簿記応援隊

経理実務や簿記の試験対策に役立つ知識を提供します。

人気Articles

  1. 有価証券とは?売買目的有価証券と満期保有目的債券について詳しく解説!

  2. 商品有高帳とは?先入先出法や移動平均法について例題を用いてわかりやすく解説!

  3. 素人でもわかる貸借対照表とは(BSの見方)

  4. 簿記試験で頻出!銀行勘定調整表の解き方を初心者にもわかりやすく解説!

  5. コンサルタントでなくても作成可能!経営戦略の作成フローをわかりやすく解説!

  6. 消費税の計算で失敗しない仕訳とは?

  7. 【合格率の推移あり】日商簿記2級の難易度は?試験対策は?

  8. 「貸倒引当金」とは?簿記や経理実務に必要な処理方法や仕訳方法について解説

  9. 経理担当者なら取得したい!日商簿記3級でよくでる仕訳|諸掛り

  10. D2Cとはなに?鍵となるマーケティング戦略についてわかりやすく解説!