人事/総務

離職を防ごう!社員のモチベーションをアップさせる方法

テーマ
モチベーションアップ
監修
人事部長補佐

はじめに

社員がいなくては企業活動は行えません。企業にとっていかに社員の離職を防ぐかは重要な課題です。
そのための1つの方法として、社員の働く意欲が高まるような制度や社内環境を整えることが挙げられます。
そこで今回は、社員のモチベーションをアップさせるための方法を紹介します。

 

 

人事評価制度を整備する

社員のモチベーションを上げるために大切なこと、それは「社員を正当に評価する」ことです。自分の仕事がしっかり評価されていれば、社員はそれをやりがいの1つにできます。
また、昇進したり給与がアップしたり、評価が直接形となって表れればさらにモチベーションがアップするでしょう。反対に、一生懸命仕事をしても、しっかり成果を残しても、ほとんど評価されず自分の待遇にも還元されない職場ではやる気はどんどんダウンしていきます。
社員の評価制度を整備する際のポイントは、評価基準を明確にすることです。いくら細かな評価制度を作っても、どのような基準で評価されているのかがはっきりしないのなら、それは正当に評価していないのと同じです。
評価基準がはっきりしていれば、社員はその評価を目標に働けます。

部署の垣根を超えたコンペを開催する

社員が成果を上げるチャンスの1つとして挙げられるのが企画の提出です。
自分の考えた企画が採用され、会社の商品・サービスとして直接売上に繋がる。
社員としては非常に大きな達成感を味わえるでしょう。
しかし、こういった企画提出は通常企画担当部署で行われるため、例えばバックオフィスを管轄する部署の社員などはなかなか参加の機会に恵まれないものです。そこで、部署の垣根を超え、社員なら誰でも企画を提出できるコンペなどを開催するのも良いでしょう。書類を作ったり計算をしたり作業を行ったりという業務が中心の社員は、売り上げに直結するようなインパクトの大きな成果を上げにくいため、このような部署不問のコンペは刺激的な経験になるでしょう。
また、企画を作り慣れていない社員の企画には、これまでにはない斬新な切り口が含まれている可能性があり、事業の活性化も狙えます。

特別な休暇・手当を設ける

日々働く社員がリフレッシュできるタイミングの1つが休暇です。
休暇には有給休暇と特別休暇がありますが、オールマイティに使える有給をできる限り残し、特別休暇で対応できるところはしていきたいと考える人も少なくありません。そのため、特別休暇を充実させ、社員がより休暇を取りやすくすることで、社員の満足度を高めモチベーションをアップさせるのも有効でしょう。

リフレッシュ休暇

例えば多くの企業でよく見られる「リフレッシュ休暇」などもそうです。これは勤続年数が一定期間を超える社員に付与されるもので、「これまでの勤務で溜まった疲れをリフレッシュし、これからも頑張って欲しい」という社員への感謝や労いの気持ちが込められています。なお、まとまった連休になるよう、土日などの連休にさらにプラスして使うことを推奨している企業なども。長い連休ならより心身を休めやすくなります。また、ば海外旅行など普段できない遠出もしやすくなるでしょう。
そのほか、自己啓発のための特別休暇を設けている企業も多々見られます。短期のものから、留学や難関資格の取得などができる長期的な休暇までさまざまです。
特別休暇を利用して社員がスキルアップできれば、それが業務にも活かされ会社にとってもプラスになります。

特別手当

休暇のほか、特別な手当を導入する企業もあります。
例えば一定の年数勤続した社員に旅行代金を支給する特別手当などが見られます。また、女性が美容代を補助する手当、自転車通勤をする人に支給する手当などを設けている企業も。

また、最近では在宅ワークが主流となっており、社員同士でコミュニケーションをとる機会も少なくなっていることから、のリモート懇親会の費用を負担する企業も増えてきています。
このような手当やその内容のユーモアぶりも社員のモチベーションを刺激してくれます。

家庭との両立を図りやすい制度を充実させる

離職する理由として多く見られるのが「家庭との両立ができない」ことです。特に、育児と仕事のバランスがとれず退職する人は多数に上ります。
もし家庭と仕事をうまくやりくりできたら、キャリアを諦めずに働き続けたいと考える人は多いはず。つまり、家庭と両立しやすい職場環境づくりに成功すれば、離職率が下がる可能性があるということです。大きなポイントは子育て支援の充実。
例えば保育園・幼稚園・託児所などの使用料を補助する制度を設けている企業もあります。
そのほか、子連れ出勤を認めている企業も見受けられます。
社内に託児所やキッズスペースを設ける、子供の入室可能なエリアを決めるなど、職場に子供がいても社員が集中できるような環境が整備されていることもポイントです。

まとめ

社員の離職を防ぐためには、社員が働き続けたいと思えるような魅力的な職場づくりが不可欠です。

以下の取り組みを行うことで社員の離職率の低減およびモチベーションアップが図れる可能性があります。

まとめ

・チャレンジの場を提供する

・努力や成果がキャリアに繋がる仕組みにする

・仕事と生活のバランスをとりやすくする

どれも働く上でのモチベーションに大きく関わります。自社の社員のモチベーションを上げるにはどのような方法が効果的なのか、ぜひ考えてみてください。

Biz人 編集部Biz人 編集部

「明日の仕事の役に立つ情報を、一人でも多くの人に提供したい」そんな思いで運営しています。ご自身のご知見・ご経験を世の中の役に立たせたいとお考えの仲間を募集しております。

人気Articles

  1. 企業価値算定の落とし穴。M&A時に過大評価を防ぐ計算方法は?

  2. 【合格率の推移あり】日商簿記2級の難易度は?試験対策は?

  3. 企業価値算定の分かれ道。純資産法orDCF法どっち?

  4. 産休・育休の人事対応はいつから?(出産手当金・育児休業給付金)

  5. 簿記3級合格のための勉強ルーティーン

  6. 簿記の試験時間に焦らない!電卓の基本機能

  7. 不動産投資で絶対失敗しない!損しないためのプロの視点

  8. 時価純資産法を知らずM&Aや事業承継はできない!?(企業価値算定)

  9. 消費税の課税対象の判断時の落とし穴

  10. 会計士が語る期末決算の仕訳をする前に知りたい6選