人事/総務

社内ポータルサイトとは?グループウェアとの違いは?業務効率改善の4つのポイント

テーマ
社内ポータルサイトとグループウェア
執筆
ITコンサルタント

社内ポータルサイトとは?グループウェアとの違いは?

社内ポータルサイトやグループウェアは、迅速な社内情報共有を助けるツールの1つです。スムーズなコミュニケーションが図れるため業務効率改善のために導入する企業も多く、仕事のロスや抜け・漏れを少なくできる手法として注目を集めるようになりました。

しかし、社内ポータルサイトとグループウェアは、似ているようで少し毛色が異なります。今回はそれぞれの違いを解説しながら、業務効率改善のためのポイントを紹介します。

 

社内ポータルサイトとグループウェアの違い

早速、社内ポータルサイトとグループウェアの特徴を確認していきましょう。また、それぞれの大きな違いについてもピックアップしますので、自社に合っているのはどちらのツールか、参考にしてみてください。

社内ポータルサイトとは

社内ポータルサイトとは、カレンダー・スケジュール・タスクリスト・メーラー・社内通達などをひとつのサイトにまとめたツールのことです。

Yahooのようにインターネット接続時のトップ画面に表示され、天気・ニュース速報・電車やバスの遅延情報へ瞬時にアクセスできるポータルサイトがあるのと同様、社内情報を集約して表示するサイトだと理解すると分かりやすいでしょう。

グループウェアとは

グループウェアとは、社内ポータルサイトに表示されているカレンダー・スケジュール・タスクリスト・メーラー・社内通達などをそれぞれ単独で使えるツールのことです。

特定の機能に特化していることが多いため使いやすく、全ての機能を使わない企業であっても活用しやすいのがメリットです。

違いは「活用目的」にある

社内ポータルサイトを導入する目的は、スピーディーで正確な社内情報共有にあります。

社員全員が毎日必ずログインする場所に情報を置いておくことで目につきやすく、チーム間・部署間・エリア間の情報も共有しやすくなります。

一方でグループウェアを導入する目的は、業務効率の改善にあります。

ワークフローやWeb会議における資料・動画・音声・メモの共有に特化しているケースが多く、特定の業務を素早く進めるのに適しています。

業務効率改善のポイント

では実際に、業務効率改善を図るうえでのポイントを紹介します。

定期的にツール内の情報更新をおこなう

社内ポータルサイトかグループウェアかを問わず、必ず必要になるのはツール内の情報更新です。

新入社員が登録されていない、退職者の情報が抹消されていない、人事異動情報や組織図変更が反映されていない、という情報では実務の実態に沿った活用ができません。同じチームメンバーのスケジュールが見られなかったり、ワークフローの承認権限者が異なって時間をロスしたり、さまざまなデメリットが生じます。

総務部・システム部・人事部・労務部などが連携を取り、最低でも月次の定期タスクとして更新作業をおこないましょう。

社員のセキュリティ教育をおこなう

社内の情報が1ヶ所に集約されるのは非常に便利で効率的ですが、不正アクセスされてしまった場合、情報が一気に流出するリスクがあります。

パソコンを電車内に置き忘れた・IDやパスワードを盗まれた・面を開いたまま中座した、なの一瞬の気の緩みが原因で会社全体に多大なる損害を与える可能性がありますから、十分注意しましょう。

社員にセキュリティ教育をおこなう人事部と、就業規則で罰則や処分について定める総務部とが連携しながら対策していくのがポイントです。

運用・管理の責任者を決めておく

定期点検や情報更新をする責任の所在を明らかにしておくためにも、あらかじめ運用・管理責任者を決めておきましょう。

従業員情報をタイムラグなく反映できる人事部が担当するのが理想ですが、人事部から情報をもらって総務・庶務・システム担当者が就くこともあります。

メインの業務に支障が出ないよう指名していきましょう。

オンボーディングを徹底する

オンボーディングとは、業務に必要なスキルや知識を授ける手ほどきのことを指します。せっかく便利なツールを導入しても、従業員に使い方が共有されていないことが原因で思ったような活用がされないケースも多々あるのです。

「よく分からないけど新しいものが始まった」「退職したひとが詳しい使い方を知っていたけど、いなくなってしまってからは情報が共有されていない」という実態も多く、形骸化してしまうこともあるでしょう。

従業員が十分使い方を理解できるまで研修し、いつでも閲覧できるマニュアルを用意するなど、本部側の対策が欠かせません。

まとめ

社内ポータルサイトやグループウェアは、社内情報共有を助けたり業務効率改善が図れたりする便利なツールです。

一方で、定期的な情報更新やセキュリティ教育がおこなわれていない場合、思っていたような効果が得られず、かけたコストと時間に見合わなくなる可能性を孕んでいます。

「導入しっ放し」にならないよう総務部・人事部・システム部が協力しながらメンテナンスし、働きやすさに貢献していきましょう。

Biz人 編集部Biz人 編集部

「明日の仕事の役に立つ情報を、一人でも多くの人に提供したい」そんな思いで運営しています。ご自身のご知見・ご経験を世の中の役に立たせたいとお考えの仲間を募集しております。

人気Articles

  1. 素人でもわかる貸借対照表とは(BSの見方)

  2. 時価純資産法を知らずM&Aや事業承継はできない!?(企業価値算定)

  3. 【合格率の推移あり】日商簿記2級の難易度は?試験対策は?

  4. 企業価値算定の分かれ道。純資産法orDCF法どっち?

  5. 企業価値算定の落とし穴。M&A時に過大評価を防ぐ計算方法は?

  6. 産休・育休の人事対応はいつから?(出産手当金・育児休業給付金)

  7. 簿記の試験時間に焦らない!電卓の基本機能

  8. 投資用マンションで失敗しないリスク最小化5選

  9. 会計士が語る期末決算の仕訳をする前に知りたい6選

  10. 簿記の基本。知らないいと恥ずかしい減価償却費の会計処理とは?