経理/簿記試験

売掛金と未収金の違いとは?簿記での仕訳方法についてくわしく解説!

テーマ
売掛金と未収金の違い
監修
簿記マスター

経理担当者が間違えやすい勘定科目に「売掛金」と「未収金」があります。どちらもお金を受け取る権利があるが、まだ未入金の状態のときに使用する勘定科目です。

ところが、二つの科目は似て非なるものであり、きちんと科目の内容を理解していないと、誤った会計処理をしてしまうでしょう。

この記事では売掛金と未収金についてくわしく解説していきます。最後まで読めば確実に理解できますので、正しい判断ができるようにしていきましょう。



売掛金と未収金の違い

売掛金と未収金の共通する点と異なる点

はじめに、売掛金と未収金の共通する点と異なる点を下の表で確認してみましょう。

売掛金 未収金
共通する点
  • お金を受け取る権利はあるが、まだ未回収の状態
  • 貸借対照表の資産の部に計上する
異なる点
  • 営業活動による取引から生まれた未回収金
  • 営業活動以外の取引から生まれたお金を受け取る権利未回収金

つまり、未回収金が「営業活動による取引か営業活動以外の取引か」によって区別されます。つぎから、それぞれの科目の内容をくわしく解説していきます。

売掛金とは

売掛金は営業活動による取引から生まれた金銭債権です。例えば、自社商品の販売によって得られた売上金を後から回収する場合などがあります。

実際の取引としては下のようなケースが当てはまるでしょう。

  • 1ヶ月分の商品代金の請求を翌月にまとめて行う
  • ネットショッピングの代金が翌月に口座から引き落とされる

売掛金が発生する取引は、万が一お金が回収できないリスクもゼロではありません。そのため、お互いの信用で成り立っている取引であることから、信用取引と呼ばれています。

未収金とは

未収金は営業活動以外による取引から生まれた金銭債権です。例えば、会社の土地や備品などの売却代金を後から回収する場合などがあります。

取引が発生してから、お金が回収されるまでに1年以上かかるケースは「長期未収入金」という勘定科目を使用します。

売掛金・未収金と似ている科目との違い

売掛金・未収金と似ている科目に「未収収益」と「前受金」があります。混同しないように未収収益と前受金についても解説していきましょう。

未収収益とは

未収収益も未回収の金銭債権に変わりはありません。売掛金・未収金・未収収益の3つを正しく区別するには次の順番で判断していくと分かりやすいでしょう。

営業活動による取引かどうか

  • 営業活動による取引の場合:売掛金
  • 営業活動以外による取引の場合:未収金または未収収益

営業活動以外による取引のうち、一定の契約による継続的な取引かどうか

  • 一定の契約による継続的な取引の場合:未収収益
  • 一定の契約による継続的な取引でない場合:未収金

未収収益とは「一定の契約による継続的な取引かどうか」で判断されます。例えば、建物を所有して賃貸しているときの賃料は、賃貸借契約による継続的な取引と言えるでしょう。この賃料が、まだ支払われていないもの状態が未収収益になります。

ここまでのおさらいで、売掛金・未収金・未収収益の違いを確認してみましょう。

取引内容 継続性の有無 事例
売掛金 営業活動で生まれた取引 非継続(単発)取引 商品販売代金
未収金 営業活動以外で生まれた取引 備品売却代金
未収収益 継続取引 地代家賃

前受金とは

前受金は、商品を販売する前に売上金の全部または一部を受け取る場合に使用する科目です。つまり商品を販売する前にすでにもらったお金は前受金、商品を販売した後にまだもらっていないお金は売掛金になります。

例えば土地の売買など高額な取引前に、手付金として代金の一部を受け取るケースが前受金です。

売掛金と未収金の仕訳方法

ここからは売掛金と未収金の仕訳方法を、具体的な例示をもとにくわしく解説していきましょう。

売掛金の仕訳方法

例1-1)顧客に30万円の商品を販売し、代金は後日受け取ることとした。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000円 売上高 300,000円

※売上高に計上する基準は、商品が出荷された時点とする出荷基準、商品の検収が終わった時点とする検収基準など企業によって異なります。

例1-2)顧客から販売代金30万円が入金された。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 300,000円 売掛金 300,000円

※販売代金が入金になると、売掛金の請求額と入金額を照合して売掛金を消し込みます。

未収金の仕訳方法

例2-1)自社所有の土地を800万円で売却し、代金は後日受け取ることとした。土地の帳簿価額は700万円だった。

借方 金額 貸方 金額
未収金 8,000,000円 土地 7,500,000円
固定資産売却益 500,000円

※土地などの固定資産を売却したときの貸方は資産科目になります。帳簿価額よりも高く売却した場合は、その差額を「固定資産売却益」として特別利益に計上します。

例2-2)土地の売却先から代金800万円が入金された。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 8,000,000円 未収金 8,000,000円

※売却代金が入金になると、未収金の請求額と入金額を照合して未収金を消し込みます。

例3)不要となった電子機器を3万円で売却し、代金は後日受け取ることとした。

借方 金額 貸方 金額
未収金 30,000円 雑収入 30,000円

※不要となった電子機器が資産に計上されていない場合は、貸方科目が雑収入になります。

売掛金と未収金の区別が重要になる意味とは

売掛金と未収金をきちんと区別して正しい仕訳を起こすことは、大変重要な意味を持ちます。例えば、銀行から資金を借り入れるときなどは財務状況を審査されます。

売上高が計上され利益が出ているにもかかわらず、売掛金の回収が進まず資金ショートを起こしてしまい黒字倒産となるケースもあります。黒字倒産とならないようにするためには、売掛金を確実に回収することが求められるでしょう。

正確な財務情報を開示し適切な経営判断を行うためにも、経理担当者が行う会計処理は非常に重要な意味ともつことがお分かりいただけたでしょうか。

まとめ

今回は、売掛金と未収金について、違いや仕訳方法を解説してきました。

お金が回収できたら消し込む科目なので、できるだけ残高が少なくなるように努めることが大切です

相手先や金額をきちんと管理して、回収漏れがないように心がけましょう。



Biz人 編集部 経理応援隊/簿記応援隊Biz人 編集部 経理応援隊/簿記応援隊

経理実務や簿記の試験対策に役立つ知識を提供します。

人気Articles

  1. 「簿記3級|貸借対照表・損益計算書作成問題」を解く力とは?簿記は一日にして成らず

  2. 商品有高帳とは?先入先出法や移動平均法について例題を用いてわかりやすく解説!

  3. 企業価値算定の分かれ道。純資産法orDCF法どっち?

  4. 仮払金とは何?間違えやすい勘定科目も一挙解説!

  5. 仮払金と立替金の違いとは?内容や仕訳方法についてくわしく解説

  6. 簿記3級試験問題に頻出!3分法で売上原価・商品売買益を計算しよう

  7. 簿記3級試験に出ることも!会計記録の基礎である「伝票」とは?

  8. 会計士が語る期末決算の仕訳をする前に知りたい6選

  9. 経営戦略の作り方とは?プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)の活用方法をわかりやすく解説!

  10. 時価純資産法を知らずM&Aや事業承継はできない!?(企業価値算定)