M&A事業承継

マーケティングの基礎4P分析とは?具体例を挙げながらわかりやすく解説!

テーマ
マーケティングの基礎4P分析とは?
監修
Big4社員

みなさんは、マーケティングと聞いたら何を思い浮かべますか?

最近よく聞く言葉ですが意外と知らないですよね。マーケティングとは、顧客のニーズを探りサービスを提供して持続的に効果を届ける企業活動です。これだけ聞くと難しいですよね。簡単に言うと「顧客と自社のwin‐winの関係を作る」ということです。そのマーケティングの戦略には、多くのフレームワークと呼ばれる方法があります。今回は、特に有名な「4P分析」というフレームワークを紹介します。マーケティングの基本ですから、しっかりと勉強しましょう。

4P分析とは?

では、そもそも4P分析とは何なのでしょうか。

4Pとは、要するに[『マーケティング活動をする際に用いる戦略の1つです。4つのP、つまりProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)』の視点から最適な戦略を立てるというものです。

この4P分析は、1960年代に、マーケティングの専門家であるマッカーシーが提唱しました。長い間、マーケティング戦略に用いられた重要なフレームワークです。マーケティングについてよく知らないという方は、4P分析をまずは頭に入れましょう。

4Pを使った分析フレーム

では、4Pを使った分析フレームを見ていきましょう。Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)の順に解説していきます。

Promotion(製品)

Product(製品)は、自社の商品やサービスを指します。つまり、「何を売るか」を考えるということです。顧客にとっての商品価値を高める必要があります。

商品価値には3つの視点があります。

  • プロダクト・コア 「どのようなものか」
  • パッケージング 「どのような容器や包装なのか」
  • ネーミング 「どんな名前か」

この3つの視点で製品を分析するのが、4Pの1つ目、Production(製品)分析です。この要素は、他の要素にも大きく関わるので、とても重要です。

Price(価格)

Price(価格)は、想像通り、商品の価格を指します。つまり、「製品をいくらで売るか」を考えるということです。ターゲット(顧客)に商品を低価格帯、中価格帯、高価格帯のうちどの価格帯で届けるかを決める必要があります。

価格を決める際には3つの視点があると言われています。

  • 十分な利益が出る価格か
  • 商品と整合性が取れた価格か
  • ターゲット(顧客)が購入しようとする価格か

これらの3つの視点で、自社や顧客だけに偏らず、適切な価格を分析し設定をすることが大切です。また、価格はブランドイメージにも影響します。

洋服をイメージしてみてください。Tシャツが1枚1万円すれば、そのブランドはハイブランドだと認識されるでしょう。値段は、みなさんが思っている以上に重要な要素なのです。

Place(場所)

Placeは場所、ターゲット(顧客)に商品を届ける流通経路を指します。つまり、「製品をどうやって売るか」を考えるということです。

近年、流通経路は多様化しています。スーパーやコンビニ、インターネットなどが挙げられます。多様な流通経路から、確実にターゲット(顧客)に届くようなものを選ぶ必要があります。また、流通経路はその商品のブランドイメージにも影響するためしっかりと分析するのが大切です。

Promotion(販売促進)

Promotionは、ターゲット(顧客)への自社商品の販売促進を指します。つまり、「どうやって製品を買ってもらうか」を考えるということです。

具体的な手法としては

  • チラシやDM
  • キャンペーン
  • SNSなどを使った自社製品の説明

などが挙げられます。ほかの分析が的確でも、販売促進が的確でなければ売り上げにはつながりません。確実に商品をターゲット(顧客)に買ってもらうためにも重要です。

4P分析の例

それでは、実際に4P分析をやってみましょう。いくつかの商品やサービスを例に考えてみます。これから上げる事例を、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)の視点から分析しましょう。

新聞

最近では、読む人も減っているでしょうか。4P分析は、身近なものから考えると分かりやすいです。

Product(製品)

ニュースを詳しく丁寧にターゲットに届ける特徴があります。それぞれの新聞社によって、注力している分野が異なっています。経済に強い新聞や、リベラル系の記事に強い新聞など様々です。

Price(価格)

新聞は定期購読をすると月額4000円ほど、コンビニなどで買うと150円ほどします。ターゲットが幅広いため、手の取りやすい価格設定がされていると言えるでしょう。また、新聞社からみても、流通や紙代などを考慮しても利益の出る価格となっています。

Place(流通)

新聞は、配達から店頭販売まで多くの流通経路を持っています。多くの人々に届けるためです。最近では、インターネットを利用した記事の配信をしており、ペーパーレス化の動きも見られます。これにより、流通コストを抑えられ利益を増やす狙いがあります。

Promotion(販売促進)

新聞社は多くの販売促進施策をしています。YouTube広告やウェブ広告を利用して新規の購読者を獲得しています。日経新聞などは、就活生などの学生に割引をするなどのキャンペーンをしています。

iPhone

多くの方が日々使っているiPhoneはどうでしょうか。ヒットしている商品を分析することで多くのヒントを得ることができます。

Product(製品)

電話機能だけでなく、インターネットやゲームなどの機能を備えています。デジカメが必要ないほどの高性能カメラを装備しています。なにより美しいデザインが大きな魅力ですよね。

Price(価格)

iPhoneはandroidスマホに比べて高い傾向があります。性能やデザイン、安心感などを考えると適正な値段と言えるでしょう。

Place(流通)

iPhoneは多くの場所で売られています。ネットや正規販売店、家電量販店、携帯ショップなどです。すぐに手に入れたい方や、携帯のプランに絡めて購入したい方など多くのニーズに応える流通経路を確保しているということです。

Promotion(販売促進)

印象的なのは、テレビCMでしょう。iPhoneを使って撮影した映像を使用することで、その性能の高さをアピールしています。

 

実際の製品を4Pのフレームで分析することによって、マーケティング施策をより明確に理解できたと思います。なにより、この4つの視点が自社製品のブランドイメージに大きな影響を及ぼすことが分かります。

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事では、4P分析を簡単に解説しました。それぞれの要素の分析には、もっと多くの手法が存在します。

また、4P分析は、マーケティングにおいて、戦略を具現化する際に頻繁に使われます。つまり、自社の商品の売り上げに直結するということです。今回学んだことをしっかりと理解し役立てましょう。

Biz人 編集部Biz人 編集部

「明日の仕事の役に立つ情報を、一人でも多くの人に提供したい」そんな思いで運営しています。ご自身のご知見・ご経験を世の中の役に立たせたいとお考えの仲間を募集しております。

人気Articles

  1. 仮払金とは何?間違えやすい勘定科目も一挙解説!

  2. パソコンの勘定科目や仕訳はどうなる?金額で変わる点に注意!

  3. D2Cとはなに?鍵となるマーケティング戦略についてわかりやすく解説!

  4. 2022年新しいマーケティング戦略とは?

  5. 素人でもわかる貸借対照表とは(BSの見方)

  6. 消費税の課税対象の判断時の落とし穴

  7. 製品ライフサイクルとは?取るべきマーケティング戦略を5つの時期ごとに解説

  8. 会計士が語る期末決算の仕訳をする前に知りたい6選

  9. 消費税の計算で失敗しない仕訳とは?

  10. 連結会計を難しくさせている大きな要因「非支配株主持分」をわかりやすく解説!